Besançon 国際指揮者コンクール

更新日:2021年11月14日


2年に一度行われているBesançon 国際指揮者コンクール。


そのセミファイナルはオペラとオラトリオの審査で、

前回からオペラのソリストを私が在籍しているエコール・ノルマルが提携?しているようで、

ドン・ジョヴァンニ のドンナエルヴィラ役を歌わせていただきました。

因みにオーケストラはリヨン・ナショナル・オーケストラです。


前日に審査会場でオーケストラとのリハーサルが行われました。



出演メンバーは4月に学内で行われたオーディションでドンナ・エルヴィラ役に選出されました。

コンペティションの一週間前には学校で2日間に渡ってマスタークラスを開催していただきました。

講師はオーディションの審査員でもあったバリトンのJean-Philippe Lafont氏とメゾのPatricia Fernandez氏。

(なんと、パトリシア先生とは2020年の3月にお会いしてレッスンを受けたことがあったのです。

すごい偶然!!)

マスタークラスでは指揮者とのコンタクトの取り方、レチタティーヴォの扱い方、本番までの過ごし方…曲についてはもちろんのこと、様々なことを教えていただきました。



さてコンペティションですが、セミファイナルには8人の候補者が残っており、

その8人全員と2幕の六重唱、2人とエルヴィラのアリア<Mi tradi quel'alma ingarata>を歌いました。

特に六重唱は8回も続けて歌ったので、指揮者によって振り方はもちろん、音楽の作り方の違いなどあって興味深い体験となりました。



2泊の滞在であまり観光は出来ませんでしたが、サン・ジャン教会が素晴らしかったので写真を。