ピアノと朗読 ソプラノで贈る宮沢賢治の幻想


24.Jully.2016

ピアニスト・柏木薫さんのコンサートで壺井一歩さん作曲の『けむりの青いlentoもながれ』を 歌わせていただきます。日本初演だそうです。

『猫の事務所の第4書記に、かま猫がいました。かま猫とは、夜かまどの中に入って眠るため、

からだが煤で汚れている猫のことです。』 ~宮沢賢治「猫の事務所」より~

ショスタコーヴィチの前奏曲にのせて猫たちの人間(猫)模様をお贈りします。

『こんがらがった遠くの桑のはたけでは 煙の青い Lento もながれ』 ~宮沢賢治「春と修羅 第二集」より

宮沢賢治の幻想的な言葉の絵画。心象スケッチと題された色鮮やかな世界と音楽を結びます。

2016年7月24日(日)15:00開演 やなか音楽ホール(台東区谷中3丁目23-8) 全席自由席 3,000円 (子ども1,000円) ~プログラム~ モーツァルト ピアノソナタ ハ長調HV279 ショスタコーヴィチ 24の前奏曲 語りピアノ「猫の事務所」(物語:宮沢賢治)             壺井一歩 歌曲集「けむりの青いlentoもながれ」(詩:宮沢賢治) ドビュッシー アナカプリの丘/亜麻色の髪の乙女/ミンストレル ショパン 舟歌 お申し込みはこちらからお願いいたします↓ https://ssl.form-mailer.jp/fms/598bdf78444636

============================ お問い合わせ : 03-3313-4713  kiki.kashiwagi@gmail.com 主催 : アトリエkiki http://www.kiki-piano.com/ 協賛 : 株式会社システムラボ ============================


Featured Posts

© 2015 by Masako Hagiwara

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagramの社会のアイコン